デット・ファイナンス

金融機関などから借り入れる

株式を発行することで資金を調達するエクイティ・ファイナンスに対して、金融機関や投資家からの金銭の借入れ、つまり、返済期日までに元本を返済し、さらに借入れ日から元本を返済するまでの間、利息を支払う契約(これを金銭消費貸借契約といいます)によって、資金を調達することをデット・ファイナンスといいます。

デット(debt)とは、英語で「負債」の意味で、将来返さなければならないお金、つまり、借金のことです。

デット・ファイナンスには、銀行などの金融機関からの借入れはもちろん、社債コマーシャル・ペーパーと呼ばれる、優良企業が発行する短期の約束手形による資金調達などがあります。

 

社債を発行する

社債の発行とは、会社が多数の投資家から同じ条件でお金を借り入れることです。

社債を発行することを、起債といいます。

借入れですから、あらかじめ約定した利率で利子がつきますし、一定期間後に元本が償還(返済)されます。

 

ただ、1つの銀行からお金を借り入れるのと異なり、多数の債権者を相手にするため、会社法では、社債券という有価証券を発行し、社債権者を集団的に処理することが予定されているのです。

 

取締役会設置会社では、社債の発行は、取締役会で決定します。

社債を発行した場合には、社債権者を保護するため、原則として社債管理者(銀行や信託会社)を設ける必要があります。

社債権者は、株主とは異なり、会社の経営に口を出すことはできませんが、債権回収を図るため、社債権者集会を開くことができます。

 

新株予約権付社債を発行する

エクイティとデットの中間的な資金調達手段が新株予約権付社債です。

新株予約権付社債とは、新株予約権と社債を同時に発行し、両者を切り離せないようにしたものです。

投資家からすれば、その会社の株価や金利動向を見ながら、会社に株式を発行してもらうか、社債のままで確定利息を受け取るかのいずれかを選択できるというメリットがあります。

 

新株予約権付社債には、新株予約権を行使したときに、会社に新株予約権の行使価格を払い込む代わりに、社債部分が償還される(これを代用払込みいいます)ものがあり、このような新株予約権付社債のことを転換社債型新株予約権付社債といいます。

 

★大阪の会社設立なら会社設立代行大阪サポートオフィスにお任せ下さい!

★大阪の会社設立以外にも、神戸、京都、奈良、和歌山などの近畿圏内の会社設立にも対応しております!

 

banner


Copyright(c) 会社設立代行大阪サポートオフィス All Rights Reserved.