30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

読みました。

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由(著者:杉本宏之)」です。

 

不動産業界で成功し最年少で上場までした社長がサブプライム危機、リーマンショックによる影響で急激に業績が悪化し、人生のドン底を経験した様子が描かれています。

 

この本を読んで思ったのは、

・経営者として財務に関する知識がいかに大切であるかということ。

・レバレッジによる過大な投資は禁物であること。

・時代の流れを予測すること。経済環境の変化に敏感であること。また、環境の変化に対応できるように常に準備しておくことが大切。

ということです。

 

筆者の杉本社長が「私は、業績という名の魔力の前に、経営者としての正気を失っていた」と語っていることも印象的で、どれだけ優秀な経営者でも正常な判断能力を失ってしまうことがやっぱりあるのだなと感じました。

 

だからこそ、やっぱり経営判断を間違えないためにも、数字(財務)に強くならなければと改めて思いました。

 

 

また、一方で、どれだけドン底に落ちても諦めない気持ちがあれば人間は再起できることも教えてくれる本で、励みにもなりました。

 

今回の失敗から筆者が学んだことを次に活かして、結果的に前よりも成長していることからも、失敗は確実に人を成長させることも改めて感じました。

 

まさに「失敗は成功の元」ですね。

 

ビジネスの厳しさが描かれている本ですが、それと同時に凄く勇気ももらえる本でした。

 

 

相変わらず僕の趣味のようなコーナーになっていますが(笑)、これからも続けていきたいと思います^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 


Copyright(c) 会社設立代行大阪サポートオフィス All Rights Reserved.